「月経カップ」が東アフリカで生きる女性たちの人生を変える

0
    少し前のハフィントン・ポストの記事ですが、とても良いニュースだと思ったので!

    http://www.huffingtonpost.jp/sabrina-rubli/menstrual-cups-east-africa_b_6454004.html

    この記事によると、月経カップが東アフリカで、ナプキンを恒常的に買うことのできない女性を支えているのだそうです(^^)
    月経カップは何度でも、長時間使えるし、「煮沸」という極めて原始的な方法で消毒できるので、既存の生理用品の代わりとしてはうってつけ。

    なにしろ現状は

    ケニアの生理用ナプキン1パックの平均価格は、75シリング、約100円だ。安いと思うかもしれないが、ケニアの未熟練労働者の平均日当が約150円であることを考えると、毎月、生理用ナプキンをコンスタントに購入できない女性が何千人もいるということになる。

    このようにナプキンが手に入りにくい上、さらに

    適した生理用品が手に入らないとなると、生理の際に別の方法に頼らざるを得ない。たとえば、葉っぱ、新聞、布きれ、コットン、マットレス材、ひどい場合に は、泥を使うケースもある。こうしたものは意味がないだけでなく、女性の体に深刻な感染症を招く恐れがある。このようなものを身に着けていることが、どれ だけ不快であるかは言うまでもない。


    このようにひどい状態であるということ…偏見や文化的土壌が、女性を追い詰めています。

    記事は次のように、月経カップの良い所を余すところなく伝えてくれています。(強調部分は私の手による)

    月経カップを用いることで、北アメリカの女性にとって生理はシンプルになり、嫌なものではなくなった。発展途上国の女性にとっては、人生を変えるものとなるかもしれない

    さらに、月経カップは経済的な負担を軽くし、生理に伴うお金の心配から解放してくれる。毎月の生理用品代が不要になれば、女性たちは浮いたお金を自分や家族のために使えるようになる。

    12時間、漏れの心配がなければ、女性は多くのコミュニティーで大きな課題となっている公衆トイレを探す心配もなく、普通に日常生活を送れるようになる。また、シャワー時にカップを洗えばいいだけなので、自分の身体を自由にコントロールできるようになる。

    学生も月経カップを使えば、毎日欠かさずに学校に通えるようになる。ケニアの女子学生は、毎月平均4.9日間、 総合すると全学生生活の20%を生理で休んでいる。月経カップがあれば、女生徒は日中、トイレのために学校を抜け出す必要がなくなる。漏れてしまうこと や、クラスメートに笑われる心配はもうない。教室で快適に学校活動に参加できるのだ。朝食を抜いてナプキンを買いに行く必要だってなくなる。


    そして、日本を含め、どの国でも、生理と女性をめぐる状況が恵まれていないことがわかります(-_-)

    生理でしょっちゅう席を立ったり、休むのは嫌だ、という方はけっこういますね。もちろん本人が頑張り屋さんな場合もありますが、「周囲の目」が厳しいことも理由の一つではないでしょうか。以前私がいた会社では、年配の男性が「生理休暇って、アレでしょ、ずる休みでしょ」と言っていたことがありました。まぁ、本人が定時後に職場でビールを開けるような人だったので、自分に照らしあわせてそう思ったのかもしれませんが…、無神経な発言は未だにゴロゴロ転がっているものです。


    …さて、東アフリカではなく、日本から発信する当ブログとしては、この記事から注目したい点が4点あります。

    1)「月経カップは12時間漏れがない」という記述
    2)写真の少女が12〜14歳くらいに見えるということ。
    3)衛生状態の良くない地域で使われているということ
    4)「自分の身体を自由にコントロールできるようになる」という記述について。


    1については、どのカップを使っているのか気になりますね。量の多い日にそこまでもったことがないですし、これは問い合わせてみてもよいかと思います。ひょっとしたら、「最大で」とか「個人差による」という注釈つきの表現かもしれませんね。

    2については、正しく教えれば、年が若くても使いこなせるということですね。
    身体が小さいようなので、サイズは小さいものを使っていそうです。若い方でも使える、というのは情報として貴重です。

    3は、最低限の清潔さが保てれば、月経カップが様々な地域で使えることを示唆しています。
    大きな災害が起こったときに生理になったら…旅行先で月経カップは使えるのか…どこまで月経カップは使えるのかに興味はありましたが、これは良いケースとして考えることができそうです。

    しかし、なんといっても私が心を惹かれた表現はコレ!

    4…「自分の身体を自由にコントロールできるようになる」

    そう!これが月経カップのすごくいいところなんですね。毎月勝手にやってくる、面倒で不快な生理!という気持ちが減る。ナプキンも、ためつすがめつ、毎月吸収力の高そうなのを選んで買うこともない。
    自分の大事な部分をコントロール下におけること、それが月経カップの強みなんじゃないかと思います。


    日本では計画外の妊娠がとても多いといいます。もちろん、新しい命を「授かりもの」として素直に受け入れられるというのはとても良い文化ですが、若い親による虐待などのニュースを見るにつけ、「も〜ちょっと自分の身体をコントロールしようと思ってもいいんじゃないか〜?」と私は思います。 妊娠のメカニズムは、かなり解明されていますし、避妊方法だって、極めて確実なコンドームというものがある。 でも、それをしない。 「自然のままに」という、一見綺麗な言葉でやり過ごすのに、日本人は慣れてしまっているのではないでしょうか? 

    自分に何が起きているか、何が起こる可能性があるか。女性は自分の身体について、もっともっときちんと向き合うべきではないでしょうか。 大切な自分について、考えることを放棄してはいけないと思うのです。


    私は、月経カップを見るにつけ、そのことを強く意識しないではいられません。
    生理は女性にとって「日常」。 

    これを改善することに、個人で社会で、もっと関心を持つべきではないでしょうか?

    月経カップは、それを助ける、優れたアイテムの一つなのだと私は思います。


    ↓↓↓ 応援クリックよろしくです ↓↓↓

    にほんブログ村 健康ブログ 体の悩みへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村  

     Facebookでシェア(共有)する



    1

    ■ブログ紹介文

    このブログは繰り返し使える生理用品「月経カップ」を「私的に応援していく」ブログです。
    オサノマリ(プロフィール)の経験を元に漫画で解説していきます♪

    ◇月経カップとは?◇
    • *欧米発祥のシリコン製
    • *何度も使えるエコ仕様
    • *多めの経血・長時間の使用に
    • *何よりむれない・かぶれない!

    ※私はイギリス製のムーンカップ(Moon Cup)を使っています♪(画像は加工したものです※製品自体に着色はありません)

    【改訂版】月経カップ挿入・取出方法・まとめ

    【改訂版】月経カップの挿入から取り出し方法をPDFにしました。
    B5サイズで約6MBあります。
    プリントなどしてお使いください。
    ↓クリック!

    ■登場人物紹介

    主人公:モコちゃん
    インディアナ・ジョーンズを自認する。宝探し、ギャンブル好き

    ガイド:アルちゃん
    アルテミス神。すべての女性の味方。というか男嫌い。

    お供:エビゾー
    モコの飼い犬。ブルテリア系。むっつりスケベ?

    おまけ:パパ
    モコの父。インチキ考古学者。何の活躍もしないので、このブログからはいずれリストラ予定。

    カテゴリー

    サイト内を検索

    ツイッター

    アーカイブ

    更新日表示

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    最近のエントリー

    最近のコメント

    • 月経カップの使い方(つけ方)〜図解〜
      ナナシ―
    • 月経カップは浅めに挿れます!
      なりみ
    • 【改訂版】月経カップ挿入・取り外し方法(使い方)PDFを更新しました
      オサノマリ
    • 【改訂版】月経カップ挿入・取り外し方法(使い方)PDFを更新しました
      はる
    • 土に還るナプキン!?
      トマト
    • 土に還るナプキン!?
      オサノマリ
    • 土に還るナプキン!?
      トマト
    • 【最終話】 月経カップを使って見て〜日々のこと
      オサノマリ
    • 【最終話】 月経カップを使って見て〜日々のこと
      るびー
    • 月経カップの使い方(つけ方)〜図解〜
      オサノマリ

    links

    mobile

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM